読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5-4周回(重巡1戦艦1空母3ドラム)

艦隊これくしょん 5-4 周回

今回は以前にバルジの有無を比較したときの編成の追試を行いました。

重巡をレベリングが必要だった艦に変えているので、結果はやや変わっています。

 

関連リンク

5-4周回まとめ

増設バルジの有無による比較②

 

回し方

 

  • 全マス制空確保
  • バケツラインは耐久35%以下
  • 随伴空母は耐久によって位置を入れ替え
  • 空母の損壊状況によって整備員、艦偵を入れ替え
  • 出撃前に行動不能の空母が2隻いる場合、片方にバケツを使用
  • データ収集中の明石修理、通常入渠は

 

編成・結果

f:id:saboten_1112:20170320175953p:plain

f:id:saboten_1112:20170320180056j:plain

f:id:saboten_1112:20170320180201j:plain

 今回は20周目と50周目で結果が変わらなかった(通常は20周のみの時の方が良結果)ため、50周で切り上げました。前回は平均バケツ消費量が0.35でしたが、今回は重巡がバルジを積んでいない、ステータスが低くなっている、事故が多かったなどの理由から0.52まで上がりました。それに伴い、燃料と鋼材の消費もやや増えています。

 バケツの消費だけを見ると周回編成としてはまあまあといったところでしょうか。ただ、雷巡2隻パターンがすべての項目において今回の結果より優れているため、戦果のみが目的であればあちらを採用した方がいいでしょう。こちらはレベリングが目的としてあれば一考の価値はある、程度で考えておくといいと思います。

 

 

 

 

5-4周回 (空母3雷巡2ドラム)

艦隊これくしょん 周回 5-4

お久しぶりです。

今回は戦艦を空母に変えてのパターンを試してみました

関連リンク

5-4周回まとめ

5-4周回(戦艦1空母2雷巡2ドラム)

 

回し方
  • 全マス制空確保
  • バケツラインは雷巡以外が耐久35%以下、雷巡は耐久40%以下
  • 随伴空母と雷巡は耐久によって位置を入れ替え
  • 空母の損壊状況によって整備員、艦偵を入れ替え
  • 出撃前に行動不能の空母が2隻いる場合、片方にバケツを使用
  • データ収集中の明石修理、通常入渠は禁止

 

結果

f:id:saboten_1112:20170313174137j:plain

f:id:saboten_1112:20170313174801j:plain

 結果としては、ボーキ以外の消費がすべて減少しました。ボーキは艦攻が1スロット分増えたため消費も増えましたが、それでも50以下に収まっているので十分節約はできていると思います。バケツ消費の減少は空母にバルジを積む余裕ができたこと、整備員を積むことで確実に雷巡より先に行動をさせることができたことが大きな要因でしょう。

 

 今回のパターンはなかなかの好感触であったため、この後さらに80周を追加し合計100周のデータも取ってみました。また、51周目からは彩雲を二式に変更し、簡単な比較を行いました。

f:id:saboten_1112:20170313175411j:plain

f:id:saboten_1112:20170313180108p:plain

 20周での結果と比較して燃料と鋼材の消費が減りましたが、これは雷巡・航巡が壊れた割合が増加したことを反映しています(実際雷巡のワンパンは多かったです)。それ以外の数字はほぼ変わらなかったため、このパターンでの期待値として確定していいと思います。次に彩雲と二式の比較ですが、

f:id:saboten_1112:20170313181738j:plain

このようになりました。数字は出撃各50周にかかったコストの合計で、非バケツ艦の修理費は含んでいません。また、彩雲から二式に変更する際に修理を行っていない(損壊状況はそのままに装備のみ変更)ため、実際は上の表以上に結果に開きが生じます。試行回数が少ないため断言まではできませんが、以下の要因が考えられます。

  • 触接120%の率が増加(開始率は両パターン100%以上)
  • (主にボスで)T字不利を引くことで被害が軽減

この2つは航空戦が戦闘形態の影響を受けないことから、シナジー(と呼んでいいのかはわかりませんが)的な働きをしていると言っていいかもしれません。これに加えて、T字不利では雷巡の装甲が抜かれにくくなることも被害軽減につながっています。周回数を増やすことで結果は変わってくるかもしれませんが、現時点では「彩雲よりも二式を使った方が良い」ということにしておきます。

PCが戻ってきました

タイトルの通りメインのPCが戻ってきましたが、予想通りデータは消えていました。というわけで、5-4の記録は一から取り直しということになります。日頃からバックアップを取る癖を付けとかないといけませんね。

 

 

 

17冬イベ攻略編成・装備 (オール甲完走しました)

艦隊これくしょん 季節イベント

今回も前回同様に攻略に使った編成・装備と、それを選んだ理由について簡単に書いていきます。報酬はなるべくネタバレしない方がいいと思っているので、ここで載せることは避けておきます。

 

E1

f:id:saboten_1112:20170212011642p:plain

特に気をつけることはないと思います。試行回数を減らしたい場合は道中支援や航空隊を使ってもいいですが、両方を使うと明らかに火力過多になるので、節約も兼ねてどちらか片方を出せば十分だと感じました。

 

E2

削り

f:id:saboten_1112:20170212011416p:plain

ラスト

f:id:saboten_1112:20170212010813p:plain

 削り段階では能動分岐を通るため、下を選択しています。このルートの場合、ヲ級改のマスを1回、タ級flagマスを1回通るだけなので、第1艦隊は輸送(+タ級マスでの制空)に絞り、第2艦隊でボスA以上を狙いにいくのが無難かと思います。ボスでは8隻を落とせばいいので、空母おばさんは度外視して全員連撃装備にしています。

 上記の削り編成でボスAを3回取ると最終仕様になり、同じ編成だと物資マス前で謎のUターンを拝むことになります。それを回避するためには編成を変える必要があるのですが、上にあるラスト編成はその候補のうちの1つです。潜水マスのあとはヲ級改マス→ヲ級改×2マス→ヲ級改マスを経て物資マスに辿り着きます。どのマスでも事故が起こり得ること、前述のとおりボスを落とさなくてもいいことから司令部施設がかなり有効に働きます。空母の装備は艦攻での特攻を狙って多めに積んであります。また、航空隊で空母おばさんの艦載機をごっそり減らせること、ボス護衛艦隊は柔らかい艦が多いことからも、道中の制空は最小限にして攻撃寄りにするのもそれなりに有効な手だと思います。

 

E3

彩雲輸送

f:id:saboten_1112:20170213082107p:plain

  彩雲輸送時は道中の安定性から潜水6隻にしています。索敵は紫雲2機で十分でしたが、2機ない場合でも改修した観測機で代用できます。並び順はこの段階では重巡姫を落とす必要はないため、(夜戦を含めて)火力期待値が高い艦を1~3番艦に集めるといいでしょう。

 ギミック解除時は重巡姫を落とさなければいけないため、運が高い艦の行動順を遅くするなどの調整をするとともに、全力の支援と航空隊を使ったほうがいいと思います。ちなみに3回ほど挑戦しましたが、Sを取れなかったため装甲ギミックは諦めてそのままクリアしてしまいました。

 

戦力ゲージ

f:id:saboten_1112:20170213083034p:plain

彩雲輸送完了後は連合艦隊での戦力ゲージ削りに入ります。

編成は高速統一の水上打撃部隊にしましょう。

 第1艦隊は戦艦4隻に軽空母2隻でボス戦での弾着観測を狙っています。制空値はスタート時で500以上を目安にしていましたが、艦戦7スロで挑んだところボスで制空優勢を取れないことがあったため、艦戦8スロ体制を取りました。

 第2艦隊はなるべくカットイン艦を多くします。ボスの耐久は800あるため、画像の編成でも割とギリギリになることが多いです。ただ、カットイン装備艦を多くしても発動しなければ意味はないため、運は最低でも40、理想的には50以上はほしいところです。40未満では信頼性に欠けるため、連撃装備にして夜戦装備を積みつつ削りや大破艦の片づけを担ってもらうほうがいいでしょう。なお、雷巡は連撃でも夜戦火力が十分に確保できるため、運が高くても連撃の方がいいと個人的には思っています。

 戦力ゲージがラスト圏内になると、ボスの形態固定のためのギミッククエが出現します。内容はJマスの離島を2回叩くというもので、A1回S1回で解除できたとの報告があります。これについては戦艦の徹甲弾をすべて三式弾に変更、大井を重巡にして重巡2隻とも三式弾装備にすることで安定してクリアできると思います。このギミック解除をしなかった場合、ゲージを0にしても破壊できないという事態が起こることがあります。(ニコ生で見ていた範囲では、「ゲージ0の時点でボスを撃破→もう1周してボスを撃破できないとゲージが破壊できない」という説もあるようでした)

メインPCが故障しました

 タイトルの通り、今までメインで使っていたPCが故障してしまいました。診断によるとハードディスクの機械的トラブルとのことです。保証期間中ということで修理には出しますが、場合によっては中のデータが消えるということも考えられます。その場合、5-4の周回データも完全に消滅ということになってしまい、新たに取り直すということになります。一からの取り直しということで(自動車教習も重なるため)時間がかなりかかることが予想され、それに伴い周回記事の更新もしばらくの間できなくなってしまいます。ここを覗いてくださっている方々には大変申し訳ありませんが、修理が終わるorデータの取り直しが終わるまでお待ちいただければと思います。

 なお、冬イベに関してはサブのPCがあるため、おそらくは問題なく進めることができると思います。可能であれば攻略時の編成・装備や掘りに関して書こうと考えています。

5-4周回 (戦艦1空母2雷巡2ドラム)

艦隊これくしょん 5-4 周回

久しぶりの5-4周回記事です。

今回は雷巡2隻を使ったパターンを試してみました。

 

関連リンク

5-4周回まとめ

5-4周回(空母3雷巡2ドラム) 

 

回し方
  • 全マス制空確保
  • バケツラインは雷巡以外が耐久35%以下、雷巡は耐久40%以下
  • 随伴空母と雷巡は耐久によって位置を入れ替え
  • データ収集中の明石修理、通常入渠は禁止
結果

f:id:saboten_1112:20170204204543j:plain

 この編成は以前の空母2隻パターンの重巡を雷巡に置き換えたものです。雷巡には燃料消費が少なく弾薬消費が多め、修理費が安いという特徴があり、弾薬消費はほぼ同等なのに対して燃料は約30%、鋼材は約20%ほど少なくなりました。

 バケツは周あたり0.7と、周回編成としてはかなり多く消費しました。原因は雷巡の砲撃戦低火力と低装甲、空母の攻撃順といったところでしょうか。特に空母の攻撃順はかなり重要であり、本来はスパナを持たせて雷巡より先に動かさなければいけないところです。しかし、空母2隻の場合はスパナを持たせられるスロットがないため、攻撃が全て雷巡の後となってしまいました。それにより敵から受ける攻撃も多くなり、この結果につながったのだと考えられます。

 ちなみに戦艦の有無は影響するのが2戦目鬼なし編成ぐらいなので、結果にはさほど影響を及ぼさないと思います。

生きてます

お久しぶりです。

気付けば前回から2週間以上経ってしまっていました。

 

実は1/19から自動車学校に通うことになり、仕事の合間にちまちまと教習を進めていました。その影響で朝から夜まで時間がほぼ取れなくなり、かなりの間が空いてしまいました。教習所の意向では「高校生の在宅合宿が始まる前に詰め込めるだけ詰め込みたい」とのことで、ちょうど冬イベの頃までは今の状態が続くようです。それに伴い、(体力的にもさすがにきついので)更新頻度がしばらくの間落ちてしまうと思います。

 

今後の予定ですが、5-4関連の記事についてはイベ前に1つぐらいは完成させたいと思っています。その後はおそらく卒業検定のこともあるため、運転免許取得後になるのではないかと思います。冬イベは十中八九当日のスタートができないため、ある程度の情報が出た時点でパターンを詰めていくような形でやっていければと考えています。