読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6-4攻略(左ルート)

艦隊これくしょん 6-4

航空隊が実装されたので早速攻略しました。

かなり現実的な難易度に落ち着いた印象で、さほどストレスもなく終わりました。

f:id:saboten_1112:20161006005804j:plain

基地航空隊

航空隊は航空劣勢を目安に艦戦+陸攻3にしました。

陸攻4も何回か試しましたが、撃墜数の関係もあってかダメージは下がりました。

f:id:saboten_1112:20161006010027j:plain

制空値は航空拮抗狙いで十分です。

ボスの制空値は最大で112のため、その2/3=75(端数切り上げ)を目安に組みます。

数値自体は最も簡単な烈風(熟練度MAX)+96陸攻×3でも達成できますが、なるべく強い攻撃機を配置します。ボス戦の難易度は開幕で残った砲台の数に比例するので、ここでの妥協は一切なしです。

艦隊編成

f:id:saboten_1112:20161006013941p:plain

今回は高速統一の左スタート下ルートを採用しました。

この編成の注意点は瑞雲の熟練度が剥がれないようにすることです。

3戦目はヌ級eliteが出た場合に制空優勢に必要な制空値が36となり、Ro.44と熟練度なし瑞雲12の組み合わせだとかなりの確率で優勢ラインを超えることができなくなります。これは戦艦の連撃ができなくなる=被弾率(撤退率)の上昇につながるため絶対に避けるようにします。なお、Ro.44を二式水戦に変更すれば確実に優勢ラインを超えることができます。

 

秋月型

秋月型に関してはかつては賛否両論ありましたが、航空隊が実装された今ではぜひ入れたい艦です。道中の航空戦マスでの被害軽減もありますが、それ以上に集積地を航空隊で落とせなかった場合でも、航空戦での対空CIで艦載機を枯らすことができれば集積地を棒立ちさせることができるというのが大きいです。(確率もそこまで低くないです)

 

〇WGが足りない場合

f:id:saboten_1112:20161006092158p:plain

 このような編成・装備でもボスの撃破は確認できていますが、やや安定性が落ちます。全体的に対陸上火力が下がっているため、結果が航空隊の働きに大きく左右されます。また、航空隊で撃墜率0%付近を引くようなことがなければボスでも高確率(破壊時は100%)で制空優勢が取れるため、航巡も昼連撃にしています。敵の6番艦(ホ級orワ級)を落としたり、落としきれなかった集積地を落としてもらうなどの役割を担ってもらいます。

 

〇大発・内火艇もない場合

航空隊が砲台と集積地を合計3隻以上落とし、昼戦で効率よく弱った順に敵を落としていくお祈りゲーになります。分があまりにも悪いので装備が整うまで待った方が無難です。