読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16秋イベ攻略(完走しました)

季節イベント 艦隊これくしょん

とうとう秋イベの時期となりました。

今回は仕事と回線の問題で出遅れてしまいましたが、前段作戦は無事に攻略が終わりました。今のところはまだルート固定については把握できていないところが多いため、ひとまず攻略時の編成だけ載せておきます。難易度はすべて甲です。

 

(追記)E5ボス戦では酒匂、プリンツ長門での特攻があります。最低2隻、可能であれば3隻とも残しておきましょう。

 

E1

f:id:saboten_1112:20161119175930p:plain

 ここでは輸送係と対潜係に分けての編成をしています。大発搭載可の駆逐は、E4とE5がどうなるかまだ分からないので温存し、その代わりに回数で叩くことにしました。とりあえず先制対潜艦を3隻入れておけば、ボスSもそれなりに見ることができます。

 戦艦は高速限定で使えます。低速戦艦を使うと物資補給後に下に逸れてしまい、ボス前でフラヌ2~3とぶつかることになります。大抵誰かしら中破以上の損害を受けるため、使うことは全くオススメできません。また、索敵は水偵・水爆で2機必要です。水偵1機だと索敵不足により、高速戦艦を使っていても下に逸れてしまいます。

 最後にルート選択と支援ですが、ルートは上記編成であれば開幕で上のマスを選ぶことで道中2戦にできます。支援については特に必要はありません。ボスの随伴も戦艦の攻撃が2回あるため、支援がなくとも問題なく処理してくれるはずです。

 

E2

f:id:saboten_1112:20161119180906p:plain

 E2はまさかの潜水艦編成です。道中はかなり長くなりますが、実質2戦なので被害はあまり受けないと思います。ただし、その2戦のどちらにも強い対潜攻撃を持つ艦が含まれるため、支援はほぼ必須となります。

 ボス前は紫雲2でボスに行くこともあれば紫雲3観測機マックス1で逸れることもあったため、2-5方式の索敵(索敵成功確率の上限あり)が採用されているのではないかと思います。

 

E3

f:id:saboten_1112:20161119183317p:plain

f:id:saboten_1112:20161119183335p:plain

2枚目は第1艦隊と書いてありますが第2艦隊です。

 上記編成(空母機動)であれば道中が潜水+航空2戦(能動下ルート)でのボス到達が可能となります。このマップは制空値要求がかなり高く、航空優勢ですら640ほど必要とされるようです。そのため、制空値は出撃時670前後を目安に組んでいます。

 第2艦隊はE4とE5に備えて阿武隈や神通を温存したため、阿賀野型を起用しました。ヲ級flag改は夜戦であれば連撃で十分落とすことができるため、軽巡重巡は連撃でいいと思います。駆逐は道中を考えると1隻は秋月型がほしいところです。残り2隻はボスの装甲を抜く、あるいは随伴(夜戦時は大抵ヲ級flag改のみ)を確実に落とすことを目的としてカットイン装備にしています。ボスは装甲(初期)が215あるため、連撃では有効打になる確率がかなり低いです。雷巡は連撃でも夜戦火力が270以上となるため、無理にカットインにする必要はないでしょう。

 支援に関しては決戦支援のみ、全力の支援射撃を送りました。道中支援は潜水マス、航空戦マスでは全く意味がありません。

 

 

E4

f:id:saboten_1112:20161120142351p:plain

こちらは削り編成です。

 削り段階では必要制空値が低く、ボスの随伴も弱いため軽空母2隻で随伴狩り、対ボス要員は江風と阿武隈としました。火力はこれで十分足りていたように思います。初月は航空戦、対潜(やや高めのため)、昼戦での駆逐狩りをしてもらうために入れました。このマップは道中にル級flag×4(単縦or複縦)という超鬼畜マスがあるため、それ以外のマスで少しでもダメージを抑える意味でも入れるメリットは十分であると思います。

 

f:id:saboten_1112:20161120142959p:plain

こちらはゲージ破壊時の編成と装備です。

 ゲージ破壊時はボス随伴がヲ級flag改×2に代わるため、中破での連撃では落としきれない可能性が出てきます。そこで削り時の江風を雪風に、軽空母2隻を妙高と(制空値の関係から)千歳に変更し、カットイン3隻体制としました。

 初月についてはカットイン要員、あるいは小破以下の連撃でヲ級flag改を落とせる艦に変更することも考えましたが、前述の役割を持たせるメリットの方が夜戦要員を増やすメリットよりも大きいと判断して残しました。

 

E5

f:id:saboten_1112:20161120230408p:plain

こちらはスタートギミックの解除用です。

 艦載機が飛んでくるマップはすべて制空値の優勢ラインが396のため、出撃時460以上あると安心できます。第1艦隊の重巡は夜戦に参加しないため、装備は主砲3の連撃にしてあります。

 第2艦隊は夜戦を意識して全員連撃装備にしています。ギミック解除の条件として航空戦マスの完全Sがあるため、夕立や鳥海など1スロ余る艦には対空装備を積んでおきました。

 ギミック解除の条件はまだ確定した情報がないため正確なことはわかりませんが、AマスでSを1回取った後、全航空戦マス・ヲ級flag改マス・水雷マスのすべてで3回以上S、空襲無傷を各3回確認しても解除はされませんでした。その後、Aマスで2回追加でSを取ったところ解除されたため、Aマス3回は条件としてありそうです。(難易度によって変わっているかも?)

 

f:id:saboten_1112:20161120234944p:plain

こちらがスタートギミック解除後の編成です。

 第1艦隊は長門と武蔵を投入しました。長門は特攻がある、武蔵はこういうときにしか出番がないからという理由からです。長門の攻撃は単発でも300オーバー、連撃やカットインなら500~600ものダメージが期待できるため、主砲+徹甲弾装備にします。空母の装備は、道中にヲ級flag改×3のマスが2回あるため、制空値650を目安に組みました。

 第2艦隊は酒匂とプリンツを連撃装備で入れています。ボスでは火力は十分すぎるぐらいに確保できるため、秋月を対空要員として起用しています。戦艦はいつもは探照灯を持たせていますが、今回は道中の安定性を重視して徹甲弾を持たせました。雷巡は夜戦で安定したダメージを出せるように連撃仕様の方がいいと思います。